アダルトから風俗まで オンラインマガジン

気軽に実践可能な3つのオナニー方法を伝授

最も手軽で基本となるオナニーは手淫オナニーです。手淫オナニーにも種類があり、ペニスを包皮ごと手でつかんで皮を前後させて刺激する方法と、皮を剥いて手でじかに亀頭を刺激していく方法があります。前者はオカズさえあれば、何も問題なくそこそこの気持ち良さを得られるのが大きいです。後者の場合はローションなどで滑りを良くしないといけないのが難点といえるでしょう。そして少し変わったオナニーの方法としては亀頭責めオナニーがあります。亀頭を集中して責めて女性的な快感を得られるのが大きなポイントです。ローションを塗って指や清潔にした筆で亀頭を刺激していくのはもちろん、オナホールを裏返しにして襞に亀頭をなすりつけるという方法もあります。亀頭だけを刺激していけば、ドライオーガズムに達することもあるのが大きいです。注意点となるのは亀頭はデリケートとなるため、強い刺激を与えることやローションなしでこするのはNGです。

ドライオーガズムに繋がるオナニーとして最も手軽な方法となるのが乳首オナニーです。乳輪を優しく刺激していき、そして乳首を勃起させます。爪先や指先などの弱い力で乳首を刺激していくといったものです。アナルとは異なり、開発方法自体も非常に簡単となります。個人差があるため、ドライオーガズムに必ず達せられるかどうかは分かりません。女装との併用も効果的で、責められる系の妄想をしていけば良いでしょう。

気持ちいいオナニーの代表といえるのがオナホールオナニーです。問題となるのはオナホールが女性的なものと認識できない点であるものの、これは慣れていけば大丈夫です。オナホールがぬるいと感じる方であっても、温めることで解決します。アダルトグッズを使用してのオナニーはハードルが高いように思う方もいるものの、オナホールなら気軽に購入できるものといえるでしょう。アダルトグッズを使用したいと思っても、そのアダルトグッズの使用方法が複雑などの理由で敬遠されるという方もいるはずです。オナホールならまとめ買いをしておけば、使用したいと思う時も気軽に使用できるというメリットがあります。相性が良いか悪いかを重点的に考えるべきで、決して高級か安価かであるかで考えるべきではありません。安価のものを選択しておけば、決して大きな経済的な負担とはならず、快適なオナニーライフのサポートとなるでしょう。